2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'05.21 (Fri)

あ”~やられた~(;´д`)

脳を活性化させるには、酸素と糖分が必要らしい。
受験生の娘、常に甘いものを携帯しています。


昨晩帰宅後、『お腹すいた~』って
かばんを放り投げて(お行儀わるっ)
手を洗ったりコンタクトを外したりして
そそくさと着替え食卓に・・・
この間、VJママは夕食の仕上げをして食卓に並べる・・・


娘もVJママもそれぞれに自分のことに集中しています。
こういう隙は、盗み食い常習犯にとっては絶好のタイミングとなるわけです


娘もやっと食卓につき、夕食を食べ始める・・・



ん?




食事時にいつも張り付いているはずのヤツがいないっ

気配もない・・・





おかしいっ!



もしやっ!?




電気もついていない娘の部屋で、
黒っぽいまぁるい物が、音も立てずに動いている・・・




あ”~~~~~っ

Jodyさんだぁぁぁ~~~っ





かがみこんだ口元を見ると
マカダミアチョコの箱が無残にもこじ開けられて・・・


P1010200(1).jpg



またまたまたまた、やられましたぁぁぁ~~~



チョコレートはいけませんっ!



ワンコは、チョコレートに含まれるテオブロミンによって中毒症状をおこすらしい。
テオブロミンはチョコレートパウダーや
シロップなどの製菓用チョコレート、ココア、コーラ、お茶にも含まれています。
犬の体重1kgあたりの致死量は、250~500mgといわれており
これは製菓用のチョコレートでは20~40gになるそうです。
Jodyさん、12kgだからテオブロミン3~6gが致死量で
チョコレートにすると240~480gが致死量!!!???

嘔吐や下痢、多尿、興奮、発熱、運動失調、けいれんなどの症状がみられ
また腹痛や血尿、脱水を引き起こす場合もあるそう・・・
ときには、昏睡状態から死にいたることもあるそうです。


今回食べちゃったのは、1粒7.5g×5なので37.5gのチョコレート・・・
致死量には至らないけど、心配でしょうがないっ!
夜だし、急変したらどうしよう!
24時間受け付けている獣医さんを探したり
2.3分おきにJodyさんの様子を診たり・・・
おろおろしている飼い主をよそに
ご本犬、あまぁ~くとろけるようなチョコレートを食べられて
いたって満足気





P1010208.jpg

おいちかったですぅぅぅ~~~




P1010209.jpg

なに大騒ぎしてんの???




それにしても、飼い主達の様子を伺いながら
タイミングを計り、ことに及ぶ・・・
しかも気付かれないように、息を潜めて音も立てず・・・
ある意味、すっごい研ぎ澄まされて知能犯


Jodyさんの脳には、酸素も糖分も十分に行き渡っているよ


数時間たっても特に変化はなし
ヘソ天で寝てるし・・・


P1010210(1).jpg

はいはい。
反省してますよ。
ってか、置いておく方が悪いんじゃね?


今日も遊びに来てくれて、ありがっとう~ヾ(≧▽≦)ノ

更新の励みになります!
応援ポチ*ポチ*ポチッとよろしく♪
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村


メッセージなどはBBSゲストブックでお待ちしております
あしあと残してくださいね

テーマ : ◆イングリッシュ・コッカー・スパニエル◆ - ジャンル : ペット

20:06  |  イングリッシュコッカースパニエル  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。